スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲-saki-のタコスラーメンを中華調理師として分析!2010年3月

グルメコラム
10 /29 2010

アニメ「咲-Saki-」DVD最終9巻の発売を記念して、「咲-Saki-」の登場キャラ「優希」の好物をフィーチャーした「タコスラーメン」が、3月13日・14日に秋葉原で販売されました。
私は調理師の資格を持っており、中華を修行しました。
今回はこの「タコスラーメン」を、料理人の目で分析したいと思います。(2010年3月)

【タコスラーメン<商品>】            
●タコスラーメン 600円    
沖縄そばの上にタコスの具材がたっぷり乗りましてお互いの風味が倍増!
●トッピング 各100円予定
チーズ大盛り
ハラペーニョ
味付け玉子  他
※トッピング金額は異なる可能性がございます。
●トッピング全て・・・1000円
⇒「トッピング全て(1000円)」を注文し、食べました。

①スープ


【分析】
おそらく鳥ガラメースのトマトスープです。トマトの酸味が食欲をそそります。
若干薄めで、スープだけ飲んでちょうどいい感じです。
味は悪くないです。


②めん

【分析】
「沖縄そば」との事で、太目の麺です。コシもあり、悪くは無いです。ただ、太目の麺に対してスープが薄めで、とろみも無いので、麺にスープがあまり絡みません。
具と一緒に食べるのは必須です。


③具

■キャベツ(千切り)
■トマト(角切り)
■ひき肉
■味玉(半熟)※トッピング
■チーズ(とろける)※トッピング
■ハラペーニョ※トッピング
■スパム※トッピング

【分析】
★トマト・・・角切りですっぱさ、さわやかさがあり良いです。
★キャベツ・・・千切りが入っています。「タコス」というコンセプトなので入れたのでしょうが、スープに水分が流れ出てたたでさえ薄めのスープがさらに薄まってしまいますし、食べにくいので入れないほうが良いです。入れるのであれば、茹でたり「ロールキャベツ」にしてみてはいかがでしょうか?
★ハラペーニョ・・・程よい辛さと苦味があり、箸安めにちょうど良いです。
★ひき肉・・・これも「タコス」というコンセプトなので入れたのでしょうが、ぱらぱらと食べにくいです。スープに味を出すのに必要なので、外す必要はありませんが、例えば「坦々麺」や「ジャージャー麺」のようにとろみをつけてかけると良いと思います。
★スパム・・・全体的に「薄め」の中、唯一しっかりとした味のある具です。麺を食べるときに一緒に食べると美味しくなります。この料理の中では必須の具です。
★■味玉・・・きちんと半熟にしてあり、驚きました。この料理の中で、一番美味しかった具です。

【総評】
「外で立ち食いする」って事と、容器の都合から、量が少ないのが残念でした。
しかし味としては十分美味しかったです。
『お祭りでの食べ物+優希の箸袋のおまけ付+待ち受けのおまけ付』
と考えれば、1000円(トッピング全て)でも十分だと思います!
少なくとも「咲-saki-」ファンであれば食べるべき商品でした!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

グルメ取寄せもん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。