スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【グルメコラム】「毒入りギョ-ザ問題」を忘れない為に胡主席が来日した今こそ餃子の話題を!

グルメコラム
05 /09 2008
『解決まで常に問題提起し続けなければならない話題だと思いますので・・。』
中国の胡錦濤国家主席が来日し、福田康夫首相主催の私的夕食会が開かれました。
報道ではレストラン「日比谷松本楼」で実際に出されたメニューが紹介されていましたが、その中に餃子はありませんでした。
「わざわざこの場で出すのは失礼」などの理由であえて差し控えたと思いますし、メニュー構成の構想にもともと入ってなかったかも知れません。
ですが、逆に、あえて出して頂き、餃子を食べながら真剣に考えてほしいと思うのは、私が「餃子マニア」だからなのでしょうか・・。

しかし、福田首相がギョーザ事件の解明を要請した事は一安心しました。
この問題は決してうやむやにしてはならない問題だと思いますので、常にギョーザ関連の話題を提供し続けたいと思っています。

今年、「毒入りギョーザ問題」「小麦粉、食材の値上げ」という問題が相次いで発生し、その影響を受けている餃子ですが、果たしで家庭では餃子が食べられているのでしょうか?
昨年より、消費が減っているのではないか、と元中華料理人としては心配です。
ここで餃子という料理のフォローをしておきますと、餃子は誰にでも作れる簡単な料理ですし、基本的な餃子の場合、(参考:「基本的な餃子の材料」)
肉、小麦、野菜を使用するので、必要な栄養が全て揃っている素晴らしい料理です。さらには、具の中にお好みで、あるいは栄養を採る目的でお好きなものを入れることができる料理です。
つい先日も、料亭でお客に出した料理を使いまわした事が発覚し、話題となっていますが、家庭で料理の際に余ってしまった野菜をみじん切りして餃子に入れたり、いろいろと再利用できるのも餃子という料理の優れている所です。
余った焼き魚をほぐしていれるのも美味しいと思いますし、焼肉の残りでも当然美味しいです。
余ったおしんこや漬物をみじん切りにして入れてもいいと思いますよ。
お子様向けには残したハンバーグやコロッケ、スパゲティや焼きそばなんか入れても喜ぶと思いますよ。

逆に餃子自体が余ったとしても、スープや鍋料理はもちろん、カレーなどにいれても美味しいです。
ダイエットをしている方でしたら、具を野菜、春雨、豆腐などで作ってもじゅうぶん美味しい餃子ができあがります。調理法としても焼くのではなく、ゆでるか蒸して食べれば、油も抑えられ、ローカロリーだと思います。

私も、餃子を作るたびにいろいろ試して、作るたびに様々な発見があり、料理が楽しくなります。

オリジナルレシピ餃子(焼餃子・水餃子)』

オリジナルレシピ『スープ入り水餃子

また、教育やコミュニケーションにも有効です。
お子様と一緒に作って、食べるだけではなく、作る面からの「食育」もできますし、大事だと思います。さらには調理家庭で刃物も使いますので、「刃物の正しい使い方」や「刃物の危険性」なども教える事ができます。
親しい仲間と「餃子パーティー」をするのも楽しいと思います。
餃子を包む作業は時に話しながらできますし、包み方に個性もでます。そして安全です。
このように、餃子に限った事ではありませんが、今この時期に餃子の話題を話すのは意義のある事ではないかと思いました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

グルメ取寄せもん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。