スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【グルメコラム】貧乏な庶民の料理、お好み焼きまでもが値上がりに!

グルメコラム
02 /21 2008
グルメ取寄せもん グルメ取寄せもん お好み焼きのお店も値上げ検討・・貧乏な時のお好み焼きの思い出。」
原油の高騰の影響で、農林水産省が4月から国内の製粉会社に売り渡す輸入小麦の価格を30%値上げすることが決まったそうです。

そして、お好み焼やたこ焼きのお店も値上げをし始めているそうです。
お店は別ですが、家庭で作るお好み焼やたこ焼きは、「安い」「簡単」「美味い」と、 三拍子揃った庶民の味方である料理です。


私は、お金が無い時は「具無しお好み焼き」を作っていました。
費用は、小麦粉が以前は安いもので200円以下、最近でも300円以下で購入できます。
それと、ソースと油です。
小麦粉を水で溶き、フライパンに油を引き薄く焼き、完成。
これにソースをつけて食べえちました。
「大きいソースせんべい」みたいなものです。
これで十分美味しいし、しかも沢山食べられるので、学生の時によく食べていました。


栄養のバランスは良くありませんが、いろいろな食材を混ぜても美味しく食べられます。安いもやしなんかも、お好み焼きには良く合いますし、 その他玉葱、人参など、余りやすい野菜との相性も良いです。
また、余ったスナック菓子などを入れても美味いです。 揚げだまの代わりとなり、食感も変化し楽しいです。

余裕があれば、キャベツを入れてマヨネーズをかければもはや「ちゃんとしたお好み焼き」と言ってもいいでしょう。 それでもあまり費用はかかりません。


このように、安くて美味しい食べ物が値上がりするのは残念と言うより、痛いです。 飲食店は厳しいでしょうが、まだ家で作るぶんには安上がりだと思うので、餃子の事もありますし、「家で料理を作る」家庭が今後増えるのではないでしょうか。 いや、既に増えているかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。