スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【グルメコラム】けしからん!腐った食材指摘で解雇!なぜ公表しない?

グルメコラム
02 /06 2008
「調理師として見過ごせない事件」
愛知県豊橋市の給食会社が運営する社員食堂で、調理師が、腐った食材や賞味期限が切れた調味料などを使わないように会社に申し出たところ、なんと、解雇されたという事件が発生しました。
現在、謎なのは、この会社名が公表されていないことです。「事実関係がはっきりしていない」という理由からなのでしょうか?
(注:公表されている報道も現実にはあったようですが、自分の見た新聞社のサイト、また見たタイミングでは、されていませんでした。)


とりあえず、報道で発表された事のみを信じて意見を述べさせていただきますと、間違いなくこの解雇は不当です。ただ、法律的に「解雇を認めない」で終わっては絶対にいけないと思います。まず、この会社の名前、社長の名前を明らかにすべきであり、徹底した調査をすべきです。

「腐った食材や賞味期限が切れた調味料などを使わない」というのは、調理師として、いや普通の人として当たり前の事です。しかし、上司や社内での立場を恐れて、何も言えない社員が多いこの世の中で、きちんと「間違いを指摘した」この調理師は、むしろ褒め称えられるべき人物です。 ましてや最近は食品偽装問題が頻発し、大変な社会問題になっている状況下で、きちんと“当たり前の”判断ができるこの方は、経営者になったとしても、まっとうです。その逆の考えの経営陣は、当然経営者としても、人としても失格。退陣すべきです。 にもかかわらず、こともあろうに解雇するような会社は、社会的に悪であり、消費者も企業も、こんな会社とはつきあってはいけません。

かなり強い論調になってしまいましたが、私自身、調理師であり、調理師として正しい事をして、解雇や不本意な待遇を受けるというのは死活問題ですので、その点をはっきり申し上げたい。ひとまず、事実関係が明らかになるのを待ちたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

グルメ取寄せもん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。